ネット婚活で連絡を取り始めたら思っていたのと違った場合

MENU

基本はすぐにお断りの連絡をすること

ネット婚活

 

ネット婚活を利用する際、女性は無料でサービスを利用出来ることもありますが男性は基本的に有料でサービスを利用することになります。その為、「女性は気軽に利用出来るが、男性はある程度のリスクを負って利用しなければいけない」という状態になっています。

 

例えば、男性がネット婚活で連絡先を交換した相手に対して「ちょっと違う」と思ったとしても、その相手との関係をすぐに絶とうとすることは比較的少ないものです。しかし、女性にしてみれば「敢えて期待度の少ない相手に時間を使う必要はない」と考えることが多くなるため、すぐに連絡を絶ってしまう状況が多くなります。

 

特に女性から男性に対してというシチュエーションにおいては、「出来るだけ早い段階で意思を伝える」と言うことが大切です。それがきっかけで余計なトラブルを起こすことにもなりかねない為、出来る限りそのリスクは排除するように努めましょう

男性の場合は「キープ」が無難

男性がネット婚活を利用する為には、月々数千円程度でもコストが発生します。その負担は大きいと思うか小さいと思うかは人によって違いますが、仮に大きな負担であると感じるのであれば「知り合った女性との連絡は絶つべきではない」と考えた方が賢明です。

 

尤も、大きなトラブルに発展する可能性が高いと感じられる状況では早急に断ってしまった方が良い場合もありますから、状況に合わせて判断していくことが大切です。

 

女性であれば次々にアプローチが来る可能性の方が高いと言えるため、より良い相手に巡り合える期待を持ってすぐに結論を出してしまうという方法も良いでしょう。ただ、ネット婚活では「比較的相手に対して攻撃的な対応に出る人」が少なくない為、仮にそうするにしても最低限度の誠意を見せておいた方が安心できます。

「先にある可能性」を意識することも大切

ネット婚活を利用していると、「必ずネット婚活で知り合った相手だけを対象として判断する」という考え方になってしまう人がたくさんいます。

 

尤も、本来はそうあるべきものだと言えるのですが、だからと言って「その人から更に発展する出会いの可能性」を否定してしまうのは非常に勿体ないことです。

 

日常生活における出会いのきっかけは、何も出会った本人だけに留まりません。

 

その人の家族や友人、同僚などが結婚相手になる可能性は十分にある訳ですから、ネット婚活でもその可能性を否定せずに対応していった方がメリットが大きくなります。

 

男女ともにその可能性は残されるため、「ダメだから切る」という判断をすることが必ずしも正解とは限らないという意識は持っているようにしましょう。ただ、「あくまでも相手を見て対応を決める」と言うことが大切です。

 

リスキーな相手をいつまでもキープしていてもメリットは無いばかりか、余計なトラブルの元になる可能性があることも考慮して決める様にしましょう。